Syunsaku Kudo(工藤俊作)

1942年、雷の艦長にして、波間に漂う数百名のイギリス兵士を人道的に救った軍人として、特にイギリス海軍に知られることになったスーパージャパニーズ工藤俊作氏。

埼玉県川口市で永眠する工藤元艦長の墓前に30年後に、当時助けられたイギリス人、元英国海軍中尉で、戦後イギリス外交官をつとめSirの称号も持つサムエル・フォール卿(85歳)もお参りしている。自伝『My Lucky Life』の巻頭には、「元帝国海軍中佐工藤俊作に捧げる」と記されている。

今となっては確かめる術がほぼないが、当時の東南アジア、南アジア近海では多くあった話のようだ。一軍人や一市民にも、スーパージャパニーズに値する行動を、人道的な行動を、みることができることを忘れないようにしたい。

#superjapanese

関連記事一覧