池田菊苗

Kikunae Ikeda(池田菊苗)

ミシュランスターが最も多い国、日本。当然ながら食を楽しむ美食家トラベラーの選択肢のひとつに日本が入ってくる。その原点というのが「だし」だ。この専門用語で言うところのグルタミン酸がうま味成分の素であること発見したスーパージャパニーズ、池田菊苗氏の功績は日本10大発明に数えられていることからも明らかだけど、もっと偉かったのは商用化の相談にいち早く乗り出したことではないかと思う。その相談にのったのが鈴木製薬所の創業者だった鈴木三郎助氏、現在の味の素の創業者だ。日本で発明された「うま味」は世界の「UMAMI」へ、2018年にはWorld Umami Summit (すごすぎる!)が開催されている。胃や舌に受容体があり、複合的な要素で人はうまさを感じることも明らかになってきている。最も多くのミシュランスターを生み出す日本の食の原点はここにあると考えれば、Madrid Fusionのような食関連のイベントは日本で行われるのが筋だろう。このムービーで小栗旬が演じているように池田菊苗氏が教鞭をとった東大の学食で実施してもいいくらいではないだろうか。

#kikunaeikeda #superjapanese #ajinomoto #umami

関連記事一覧