Tatsuo Osako(大迫辰雄)

ユダヤ民族を第三帝国から救出した日本人として、樋口季一郎、安江仙弘、杉原千畝、根井三郎の各氏は軍人や外交官として著名だが、ごく普通の若い一市民が、これらの命のバトンリレーのラストワンマイルをつないだことはそれほど知られていないのではないだろうか?彼こそ先祖が彼に救われた、今となっては繋いだ命だけで数十万におよぶユダヤ人に愛される当時のビューロー【現在のJTBとJNTOが合体しているような感じ】職員、2年目の新人だったスーパージャパニーズ大迫辰雄氏、その人である。ウラジオストックから敦賀へ渡ったユダヤ人が乗船した日本郵船の天草丸の切符もぎりはすべて彼の手で行われている。船上でユダヤ難民と映る写真はあまりにも貴重な、日本の資産といってもいいだろう。

難民が到着した敦賀には、ムゼウムと呼ばれる博物館がある。その入り口すぐ右手に大迫氏を紹介するパネルがある。日本人、ユダヤ人問わず、ぜひ一度足を運んで欲しい。当方が本年ムゼウムをご案内いただいた際、渕上敦賀市長は【こういうのを観ることが勉強そのものですよね】との思いを吐露されていた。その通りだ。

本年、ムゼウムは、リニューアルする予定でもあるので、GoToキャンペーンを利用してお子さんと、などがおすすめだ。

#jtb #jnto #tatsuoosako #jewishrefugees #sempotogo #superjapanese

関連記事一覧