Kiyoko Oyama(大山清子)

Kiyoko Oyama(大山清子)

1935年、神戸のダンスホールでオマーンの王様に求婚されそのまま結婚、2年後に娘さんを産みながらも残念ながらその2年後に夭逝された大山清子さん。日本と中東を結びつける情報としてもう少し深掘りしたいところだ。当時の世相も含めてのことだろうか、その事実も風化の一途を辿ってしまっている。認識可能な最初にオマーン人になった日本人として、また日本と中東を結びつけるきっかけになる可能性が強いスーパージャパニーズとして覚えておきたい。intercultural marriage どころか外国人が珍しかった時代の物語、オマーン政府観光局のイベントに参加した際にも感じたが、今でも彼女の存在はSad but Romantic storyとして語り継がれている。
時代背景から考えてもおそらく神戸には多くのスーパージャパニーズストーリーがある。彼女のお墓も神戸市にある。幼少時代は日本で過ごした元王女も、どういった理由か表舞台にはほとんど登場しないけれど、母親の墓参には訪れたそうだ。 戦前に実際にあったシンデレラストーリーを現代に活かしていきたいと思う。
#princess #kobe #oman #superjapanese #kiyokooyama

関連記事一覧